簡単に、ステップバイステップの描画命令とビデオチュートリアルで見栄えの子豚を描きます。 子供や初心者のアーティストのための偉大な!

子豚のステップ10を描画する方法

完全な子豚の描画

ステップバイステップの手順にジャンプします。

“あなたが非常に小さな動物であるとき、勇敢であることは難しいです。”
-子豚

ピグレットは、ちょうどEeyoreのように、くまのプーさんの親友の一人です。 彼はティガー、ウサギ、カンガ、およびぬいぐるみのクリストファー*ロビンのコレクションに基づいて、他の文字と一緒に、百エーカーの木に住んでいます。 子豚は非常に臆病で清潔さに関係しています。

子豚は子供の本でデビューしました くまのプーさん 彼はブナの木から作られた家に住んでおり、彼の好きな食べ物はドングリです。 彼は恐ろしさ、優しさ、寛大さで知られています。

のために下にスクロールします ダウンロード可能なPDF このチュートリアルの。

ピグレットは、本、映画、テレビシリーズ、ディズニーの商品に登場しています。 彼は他の媒体のカメオの出現を含んでいました ロジャー-ラビットを額装したのは, ビームービー、および マウスの家. 彼はまた、衣装を着た形でディズニーパークやリゾートで会うと挨拶のために頻繁に利用可能です。

あなたは子豚を描きたいと思いますか くまのプーさん? この簡単な、ステップバイステップのディズニーキャラクターの描画チュートリアルは、どのようにお見せすることができます。 あなたが必要とするのは、鉛筆、消しゴム、紙だけです。 また、あなたの完成した図面を陰にピンクのクレヨン、マーカー、または色鉛筆をしたいと思うでしょう。

このチュートリアルが好きなら、以下の描画ガイドも参照してください:くまのプーさん、Lilo and StitchのLilo、そしてInside Outからの悲しみ。

簡単に、ステップバイステップの子豚の描画チュートリアル

子豚Pinterestの画像を描画する方法

Pinterestのにチュートリアルを保存するにはここをクリック!

子豚を描くためのステップバイステップの指示

子豚特集画像の描き方

子豚の描画-ステップ1子豚の描き方ステップ01

1. 子豚の顔の側面をスケッチする曲線を使用して開始します。

子豚の描画-ステップ2子豚の描き方ステップ02

2. 頭の後ろを形成するために曲線を伸ばします。

子豚の描画-ステップ3子豚の描き方ステップ03

3. 頭の底を横切って湾曲した線を描き、衣服の首を形成し、胴体の前部を下に続けます。 その後、腕を形成するために、それ自体に戻って倍に曲線を使用しています。

子豚の描画-ステップ4子豚の描き方ステップ04

4. 前の腕の後ろに交差し、残りの腕を描画するために曲線のシリーズを使用しています。

子豚の描画-ステップ5子豚の描き方ステップ05

5. ピグレットの耳を引く。 それぞれについて、尖った形状を囲むために二つの曲線を使用しています。

子豚の描画-ステップ6子豚の描き方ステップ06

6. 耳の後ろから既存の線を消去します。 次に、長い曲線を使用して体を囲み、肩から手に包みます。

子豚の描画-ステップ7子豚の描き方ステップ07

7. 横の曲線が付いているバンド子豚の衣服。

子豚の描画-ステップ8子豚の描き方ステップ08

8. 子豚の足を描く。 それぞれについて、体の下から一対の曲線を伸ばします。 “C”形の線を使用して足を囲みます。

子豚の描画-ステップ9子豚の描き方ステップ09

9. 詳細子豚の顔。 鼻の先端を形成するために円を描く。 その上と下に曲線を伸ばします。 笑顔、開いた口を囲むために”U”字型の線を使用してください。 舌と顎を示す曲線を描きます。 次に、各目のために小さな円を陰にします。 眉を形成するために頬を示すために、それらの上に目の下に湾曲した線を描画します。

完全な子豚の描画子豚のステップ10を描画する方法

色の子豚。 彼と彼の衣服はピンクの様々な色合いです。

あなたの好きなディズニーの文字を十分に得ることができないのですか? 私たちのディズニーキャラクターの描画ガイドを使用して、あなたの百エーカーの木を埋めます。

印刷可能な描画チュートリアル

メンバーのトラブルシューティング

まだ広告を見たり、PDFをダウンロードすることができない?

まず、ログインしていることを確認します。 会員ログインページでログインできます。

それでもPDFをダウンロードできない場合、おそらく解決策はページをリロードすることです。

これを行うには、ブラウザのリロードボタンをクリックします。

これは、ブラウザウィンドウの上部にある円形の矢印形のアイコンで、通常は左上にあります(PCではCtrl+R、MacではCommand+Rのキーボードショートカットも使用で

 

Write A Comment